乾燥肌向けの化粧品を使用する|肌トラブル回避法を学ぶ

女の人

水分と保湿成分を補う

スキンケア

高保湿なもので潤いアップ

肌が常にかさついているとか、冬になると肌が粉を吹いたようになってしまうなど、乾燥肌で悩んでいる方はどんな化粧水がいいのか悩んでいることでしょう。水分と油分が少なくなっていて、潤いを保つ機能が弱い乾燥肌は、しっかりと保湿もできて水分も与えられる化粧水がおすすめです。肌の表面である角質にはバリア機能が働いていますが、乾燥肌だとそれがしっかりと働けない状態です。角質の並びや形が乱れていて隙間ができていますから、そこから水分が蒸発しやすくなり、乾燥してしまいます。この隙間を埋めて角質を正しい状態に維持してくれるのがセラミドです。水分をしっかりと挟み込んでキープしてくれますから、肌の潤い力をアップさせるのに効果的です。

水溶性の保湿成分

水分と共に肌に必要な保湿成分を届けるのも、化粧水の役目です。ただの水を肌に与えても片っ端から蒸発するだけですし、特に保水力が低くなっている乾燥肌の方は、どんな保湿成分が使われているかしっかりとチェックして、化粧水を選びましょう。角質層の保湿の要であるのがセラミドですから、これが入っているものが一番強力な保湿力を与えてくれます。また、水分中心の化粧水には水溶性の保湿成分が最適です。ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどは保湿力が高いですから、セラミドと一緒に入っているものが良いでしょう。水分を水溶性の保湿成分を肌に与えた後は、しっかりと美容液や乳液でさらに保湿するのが大切です。栄養分がたっぷりと詰まった美容液は、不足している潤い力をサポートしてくれますし、乳液やクリームは油溶性の保湿成分を届けるのに必要です。